スポンサーリンク

【吉田優利】インスタで見せた苦悩と決意!次はダウ選手権へ

【吉田優利】インスタで見せた苦悩と決意!次はダウ選手権へ
吉田優利選手の姿勢が素晴らしいですね。
試行錯誤しながらでも、常に前向きな姿勢でベストを尽くす姿勢は、多くのファンから称賛されるでしょう。

吉田優利、米国女子ツアー挑戦の現状と未来への決意

吉田優利のインスタグラム更新

今季から米国女子ツアーに挑戦している吉田優利(よしだ ゆうり)が自身のインスタグラムを更新し、思い通りのゴルフができない状況に悩みながらも前向きに歩みを進めている様子を投稿しました。

挑戦した大会と戦績

最初に「ショップライトLPGAクラシック」や「マイヤーLPGAクラシック」といった6月に参戦した2つの試合名を記した吉田。残念ながら、どちらも予選を突破することはできませんでした。これまで米国ツアーには7試合に参戦し、予選通過は3試合という戦績です。

スウィングの悩みと試行錯誤

吉田は、「最近は少しづつやりたいスウィングのイメージと動きが一致する回数が多くなってきた気がして、出来るかも?少し出来たかも?と思い、次の日寝て起きると出来ないどころかやっぱり違ったかなーと思ったり、、笑」と、悩みながらも進歩を感じている様子を明かしました。しかし、再び考え込んでしまうことも多いようです。

練習と決意

それでも吉田は「今はとにかくショットが荒れまくって(絵文字・目が回り混乱して)しまってますが、しっかり練習して、たくさん試行錯誤しながらベスト尽くしたいと思います!」と力強い言葉で投稿を締めくくりました。

公開された写真とファンの応援

投稿では、大空に広がる雲越しの逆光でとらえられたシルエットや、夏の日差しの中を歩く姿、そしてスイングする姿など、10枚の写真が公開されました。この投稿にコメントをすることはできませんが、宮里藍(みやざと あい)、渋野日向子(しぶの ひなこ)、岩井明愛(いわい あきえ)、ユン・チェヨン(韓国)をはじめ多くのプロゴルファーやファンが1.6万回を超す「いいね!」をクリックして、吉田の背中を後押ししていました。

次戦の挑戦

吉田の次戦は、米国ツアー唯一の2人1組で戦う「ダウ選手権」にエントリーしています。当初ペアを組む予定だった稲見萌寧(いなみ もね)の欠場により、チームメートはミナ・ハリガエ(米国)となる予定です。これまでとは違う競技方法の中で新しい発見をすることを、ファンも大いに期待しています。

吉田優利の挑戦は続きます。今後の彼女の活躍に目が離せません。

続きを読む

スポンサーリンク