スポンサーリンク

【松坂大輔氏】驚異的な練習量に迫る!wwwwwwwww

【松坂大輔氏】驚異的な練習量に迫る!wwwwwwwww
松坂大輔選手の猛練習は本当にすごいですね。
500球も打つというのは驚きですが、その努力が成功につながったのだと感じます。

 プロアマ後に“500球”の猛練習 プロコーチからみた松坂大輔氏のスゴさ
  【きょうのヒトネタ!】

ゴルフトーナメント会場の魅力

ゴルフのトーナメント会場には、多くの興味深いエピソードがあります。しかし、全てを伝えるのは難しいです。そこで、現場記者が見たり聞いたりしたエピソードの中から、特に気になった話題を一つ紹介します。今回は、国内女子ツアー「ヨネックスレディス」が行われているヨネックスカントリークラブ(新潟県)からお届けします。

松坂大輔氏の初参戦

元メジャーリーガーの松坂大輔氏が、国内男子下部ABEMAツアー「太平洋クラブチャレンジ」に初参戦しました。結果はトータル22オーバーで最下位(145位)となり予選落ちしましたが、ツアーに大きな盛り上がりをもたらしました。

熱弁するキャディ兼コーチ

女子ツアーの会場でも松坂氏について熱く語る人物がいました。青木瀬令奈のキャディ兼コーチを務める大西翔太氏です。彼は松坂氏と交流があり、2週前の「ブリヂストンレディス」のプロアマでも一緒に回りました。

松坂氏のゴルフに対する熱意

大西氏は、「ブリヂストン以降、松坂さんとはよく連絡を取っています。彼はゴルフに対して本気です。プロアマの後の夜も練習に行って、500球打ち込んだと写真を送ってくれました。体力的に大丈夫かと聞いたら、『これくらい打ち込まないとダメなんだよ』と答えました。彼の熱意には感心しました」と語ります。

松坂氏のプロ並みの分析力

松坂氏のスゴさについて大西氏は、「一つのミスに対する分析力がプロ並みです。そのため、70台で回ることもできます。ショットにも覚悟があり、迷いが一切ありません。改めて、彼は侍だと思いましたし、青木選手も一緒にプレーして勉強になったと言っていました」と称賛しました。

大西氏は再び松坂氏とプレーすることを楽しみにしているようです。

続きを読む

スポンサーリンク