スポンサーリンク

『新人美女プロゴルファー清本美波が初グラビアに挑戦! ふだんの「韓国風メイク」よりおとなしめのメイクに困惑』

『新人美女プロゴルファー清本美波が初グラビアに挑戦! ふだんの「韓国風メイク」よりおとなしめのメイクに困惑』

 清本美波さんは、JLPGAプロテストで合格率3%の厳しい条件を乗り越えてトップ合格し、女子ゴルフ界の注目の新星となりました。彼女は愛知の私立誉高校を卒業し、現在は岐阜の朝日大学に通いながらプロのトーナメントに挑戦しています。

 プロの世界では厳しい試練が待っているものの、清本さんは「結果を残さなきゃ」というプレッシャーに負けず、将来的に強くなることを重視しています。彼女はショットのキレや調子の良さを感じており、パッティングがうまくいけば結果を出せると確信しているようです。

 清本さんは6歳からゴルフを始め、父親から指導を受けて成長しました。彼女の弟である貴秀さんも有名な世界ジュニアに出場したことで知られています。清本さんは負けず嫌いな性格で、「貴秀のお姉ちゃん」と呼ばれることを嫌がっていたそうです。

 2021年の「樋口久子 三菱電機レディス」では、高校1年生ながらローアマタイトルを獲得し、プロテストに合格。リーダーボードのトップに名前を刻み、プロゴルファーとしての道を歩み始めました。彼女は実力以上のパワーを感じており、反響に戸惑いつつも、プロゴルファーとしての新たなステージに立っています。

 さらに、清本さんは人生初のグラビア撮影にも挑戦しています。週刊ポストでの撮影では、おとなしめのメイクを施され、プロゴルファーとしてのビジュアルにも意識を向けているようです。

 結果を求める一方で、清本さんは「結果はあまり気にしていない」と語っています。その言葉には、彼女の成長への姿勢が表れているのかもしれませんね。

続きを読む

スポンサーリンク