スポンサーリンク

【予想外】菊地絵理香は喜びのあまり“普段しないこと”

【予想外】菊地絵理香は喜びのあまり“普段しないこと”

予想外の組み合わせが好発進の要因? 菊地絵理香は喜びのあまり“普段しないこと”も…


<ダイキンオーキッドレディス 初日>
◇29日
◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)
◇6595ヤード・パー72

初日にボギーなしの5バーディを奪取し「67」をマークした菊地絵理香が、5アンダー・2位タイと良い滑り出しをきめた。

ラウンド後には森田理香子とハグ【写真】

2024年シーズンの幕開けラウンドは、6年ぶりにツアーの舞台に帰ってきた森田理香子と、上田桃子と同組に。菊池は復活の森田と「多分同じペアリングにならないなと思っていたので、一緒なのはすごく嬉しかった」と予想外の組合せを喜んだ。普段の試合では、ラウンド中の会話は少ないと話す菊地だが、喜びのあまり今回はいつもの“ルーティンも崩れるほどだった。

こういう機会もないので。きょうは緊張していたのもありますし、合間にしゃべれたらいいなと思って。それがきょうはできましたし、理香子も楽しんで笑顔の多いラウンドだったので、すごく新鮮な感じでいいラウンドでしたね」
 
13年の賞金女王でもある森田のプレーはいまもその輝きは健在だった。「相変わらず、距離はやばいなと思いますし(ティショットでは)70ヤードくらい…3回くらい置いていかれました(笑)」。当時と変わらない飛距離にも圧倒された。そして「乾いた感じのいい音を出す」アイアンショットも、あの時のまま。「6年のブランクがあっても力のあるひとは全然違うなと、勉強にもなりましたし、すごく新鮮で最近にはない良いラウンドでした」と充実の幕開けとなったようだ。

35歳の菊地と34歳の森田は、学年でいうと1学年差。年齢が近いというのもあって、リラックスした状態で回ることができていた。「こういうラウンドもあまりないのですごく回りやすかったかなとは思います」と好発進の要因の一つにちがいない。

近年は20代の若手が活躍する姿も目立つが、「30代選手もまだ頑張ってるというのも見てもらえたらうれしい」と、ベテランの強さも見せつけたい。トップの岩井千怜とは2打差。さらにスコアを伸ばして良い位置で決勝ラウンドに進みたい。
(文・高木彩音)
(出典:ALBA)


菊地絵理香「もうマジで嫌…」“5度目の正直”を果たせたワケ

ニトリレディス 最終日
◇27日
◇小樽カントリー倶楽部(北海道)
◇6695ヤード・パー72

一度はスタートした最終ラウンドが、悪天候により中止となった小樽決戦。
首位に並んだ
菊地絵理香岩井明愛、申ジエ(韓国)がプレーオフ(17番パー3)を行い、1ホール目をパーとした菊地が今季ツアー初優勝(通算6勝目)。
これまで4戦全敗だったプレーオフで勝利し、地元・北海道で2つめのタイトル掴んだ。

昨年7月末の前回優勝時との違いはふたつ。ひとつ目はユーティリティのシャフトで、フジクラの『スピーダー エボリューション2』から『スピーダーNX グリーン』に差し替えた。
ツアー担当者は「NXシリーズの中でもグリーンは特に強い球が出やすいシャフトで、今年のオフに選んでいただきました。
これから新作の『スピーダーNX ブラック』もテストしていただく予定になっています」と話した。

ふたつ目はパター。昨年は昨年はオデッセイ『2ボール イレブンCH』で勝利したが、今年5月「リゾートトラストレディス」からオデッセイの『ホワイト・ホットOG 2ボール ブレード』にスイッチ。
今季は山下美夢有がすでに3勝(今季4勝のうち1勝は別のパター)、穴井詩が2勝を挙げており、国内女子ツアーでは5勝を誇っている。

菊地が使用するきっかけとなったのは、「真似です(笑)」と笑う。
ふたりのパッティング技術に舌を巻きながらも、「使ったら結構ハマりました。
上げやすいです。ちょっとピン型っぽいタイプも半分入っていて、もともとピン型の形がすごい好き。それと2ボールが混ざている感じで、わたしにはハマりました」。
平均パット数は全体3位の『28.67』として、パターは今季“6勝目”を飾った。

【菊地絵理香の優勝ギア】
1W:タイトリストTSi4(10度/スピーダーNX グリーン 50SR、44.5インチ)
3,5W:プロギアRS5(15,18度/スピーダー569 エボ6 S)
4,5,6U:タイトリスト 816H1(21,25,27度/スピーダーNX グリーン 50S)
7I~PW:タイトリスト T300(N.S.PRO Zelos7 S)
46,51,57度:タイトリスト ボーケイデザイン SM9(N.S.PRO Zelos8 S)
PT:オデッセイ ホワイト・ホットOG 2ボール BLADE(STROKE LAB RED)
BALL:タイトリスト PRO V1x
続きを読む

スポンサーリンク