スポンサーリンク

ブル中野が日本人女子初のWWE殿堂入り!日本人5人目の快挙、94年日本人初のWWE世界女子王座獲得

ブル中野が日本人女子初のWWE殿堂入り!日本人5人目の快挙、94年日本人初のWWE世界女子王座獲得
1: お前名無しだろ 2024/03/07(木) 02:29:26.76 ID:Mqwqor6H9
世界最大プロレス団体、米国「WWE」は5日(日本時間6日)に伝説的な元女子プロレスラー・ブル中野(56)が、日本人女子史上初の
2024年WWE殿堂入り(ホール・オブ・フェーム)したことを発表した。

日本人女子では史上初。日本人レスラーとしては10年のアントニオ猪木さん、15年の藤波辰爾、20年の獣神サンダー・ライガー、
23年のグレート・ムタに続く史上5人目の快挙。今年はポール・ヘイメンに続いて2人目の殿堂入りとなった。

WWEは24年WWE殿堂入りしたことを公式ホームページや公式X(旧ツイッター)で発表した。「国内外における彼女の象徴的なキャリアは、
その後の複数の世代に影響を与え、現在では WWE の殿堂にふさわしい地位を獲得し、史上最高の偉人の一人としての彼女の功績を
確固たるものにしました」と記した。

ブル中野は80年に全日本女子プロレスに入団。85年からダンプ松本と「極悪同盟」を結成。ベビーフェイスのクラッシュギャルズとの抗争が
人気を博して、全日本女子のメインイベンターとなりトップレスラーとしての地位を確立した。

93年から米国のWWF(現WWE)へ長期遠征し、ルナ・バションをマネージャーに女子戦線のトップヒールとしてアランドラ・ブレイズと抗争。
94年にはWWE世界女子王座を獲得した初の日本人レスラーとなった。96年に再び米国へ遠征する。WCWでメデューサらと抗争を繰り広げた。
この頃から「お前らが結婚して、子供作っても、ブル中野のプロレスを見せてやる」と長々とマイクパフォーマンスをする等、1ヒールレスラーから、
女子プロレス界のご意見番としてヒール、ベビーフェイスを越えた存在となっていった。12年1月8日に正式引退した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/97a0c93906c47e3617c9181459b585c1c649a62b

続きを読む

スポンサーリンク