【舐めプ】クロアチア、日本でよかったと本気で思っているもよう…

スポンサーリンク
スポーツ全般
【舐めプ】クロアチア、日本でよかったと本気で思っているもよう…

サッカークロアチア代表サッカークロアチアだいひょう、クロアチア語: Hrvatska nogometna reprezentacija)は、クロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるクロアチアサッカーのナショナルチームである。愛称のヴァトレニは、クロアチア
31キロバイト (1,399 語) – 2022年12月4日 (日) 07:36
油断してると足元すくわれるからな!

1 首都圏の虎 ★:2022/12/04(日) 15:19:27.35ID:fqU3wQtK9

グループFの第3戦、クロアチアはベルギーに勝ち、何が何でも勝って首位通過をしたかった。ラウンド16で対戦するグループEの首位はスペインだと信じており、それを避けたかったのだ。クロアチアはここ5年でスペインと3回対戦し、うち2回は敗れている。2018年ネーションズリーグでは0-6というスコアで打ちのめされ、昨年のユーロ(ヨーロッパ選手権)では5-3で敗れ、大会から敗退した。クロアチアにとってスペインは鬼門なのだ。

 だが結局、ベルギー戦は0-0に終わる。ベルギーも次に駒を進めるには勝利が必要で必死だったのだ。その結果、クロアチアは首位をモロッコに譲り、2位で決勝トーナメントに進出した。

 対戦相手を知るには4時間後のグループEの結果を待たなければいけない。そして予想に反してそれが日本だと知った時、クロアチア国内にはまるで宝くじに当たったかのような喜びが広がった。クロアチアのメディアには「幸運の女神は我々に微笑んだ」などと書く者もいた。

 ただもちろん、ドイツとスペインを破った日本を決して過小評価してはいけないという声はあちこちで聞かれる。そして何より選手もコーチもサッカー協会の幹部も、日本はリスペクトすべき相手であることは知っている。

「スペイン対日本戦を見た限り、日本は非常によくまとまり、統制され、責任感のあるチームだと感じた。そしてすばらしい闘争心を見せている。こうしたことは前から知っていたことだが、今回、あらためて実感した」

 監督のズラトコ・ダリッチは言う。

「正直、次の対戦相手を自由に選んでいいと言われたら、私は日本を選んだろう。しかし、それは我々にとって御しやすいチームだからというわけではない」

 そして日本と戦う方法について、こう述べている。

「スペイン戦とドイツ戦は、日本が決してあきらめないチームであることを教えてくれた。我々は何よりも我慢強さをもって対峙することが重要だ。また、試合立ち上がりのミスを少なくし、相手をクロアチアのリズムに巻き込まなくてはいけない。日本は8人の選手がブンデスリーガでプレーしているし、そのほかの選手も多くがヨーロッパでプレーしており、世界での戦い方を知っている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfcb7202419a6486e5ad2557be981e61415413c2

続きを読む

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました