【ボヤキ】元日本代表・城彰二氏、W杯生放送中に今回代表に入れて欲しかった選手の名前をポツリ…

スポンサーリンク
スポーツ全般
【ボヤキ】元日本代表・城彰二氏、W杯生放送中に今回代表に入れて欲しかった選手の名前をポツリ…

彰二(じょう しょうじ、1975年6月17日 – )は、北海道室蘭市生まれ、鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町)育ちの元プロサッカー選手。ポジションはFW。元サッカー日本代表。 1998年ワールドカップフランス大会日本代表メンバー。 北海道に生まれる。小学生時代にサッカーのビデオを借りてフランク…
27キロバイト (3,137 語) – 2022年11月24日 (木) 06:09
ドーハの悲劇から歓喜に変わったからええやないか!
大迫にこだわる必要がない!

1 首都圏の虎 ★:2022/11/24(木) 20:22:18.89ID:nh7gOkrs9

サッカー元日本代表の城彰二氏(47)が23日、W杯カタール大会の日本代表初戦・ドイツ戦を自身のYouTubeチャンネルの生配信で解説した。

 前半は先制を許し、防戦一方の内容で、後半もなかなか得点に結びつかない状況に「手がないんだって、森保さんね。前からそうでしょ。結局メンバー選考も、結局守備をするFW選んでいるだけだからね。失点したらアウトだよ。やりようがない」、「ちょっと攻め手が見つかんねーな」、「浅野くん入れるんだ。どっちにしてもいないからいいんだけどね。だから大迫入れときゃよかったんだよ、本当に。中盤でおさめられるからね。だから鎌田がもう少し高い位置をとれるはずなんだよね」とボヤキが止まらなかったが、ドイツが隙を見せ始めると「ドイツ足止まってるから、チャンスは今の時間帯」と分析し、堂安の同点弾には「きた!おーきた」。冷静な語り口ながら「このドイツなら勝ちたいね、これならいけるよ、絶対」と試合を見つめ、浅野の勝ち越し弾には「入った!ニアのすごいコースじゃなかった。見えなかったもん」と、たたえた。勝利の瞬間は「鳴らせはやく笛を。よしやった、よーし」と、ガッツポーズもみせた。

 城氏の同戦の予想では0-1で日本の負け。森保監督のメンバー選考にも批判的だったことから視聴者から「森保監督に謝れ」とのコメントも届いたようだったが、「謝れっていうかまだ初戦だから」と、語った。

 「ドイツが酷くてよかったね、こんなに酷いドイツは久しぶりにみた」と指摘し、「勝つことは大事。すっごいよかった。あの時間帯で3バックにして、サイドで主導権を握ろうって、これは本当に作戦勝ちだったと思う。前半かなりドイツにおされたし、うまく修正できなかったところをしっかり耐えながら、なんとか修正したという感じでこれは本当にすばらしい。この勝ち点3は大きい、俺は絶対負けだと思っていたから」と、総括した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/36c6690d5d2f15c2f1a33bdc26b00afb3564ac20

続きを読む

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました