スポンサーリンク

ソシエダ監督、“再来日”ジャパンツアーに否定的か「ついに影響が出た」 トゥールーズ戦は中止へ

ソシエダ監督、“再来日”ジャパンツアーに否定的か「ついに影響が出た」 トゥールーズ戦は中止へ
1

J1ガンバ大阪は6月25日、パナソニックスタジアム吹田で日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部レアル・ソシエダと「ジャパンツアー」の一環としてプレシーズンマッチ(7月25日)を行うことを発表した。だが、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督はこれに否定的な姿勢を見せているという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdf3083bcc76b1607af8ee4be60a4183aa71c628

27日に予定されていたトゥールーズ戦は中止に

ソシエダは以前、5月29日に来日し「JAPAN TOUR 2024」でJ1東京ヴェルディと対戦。国立競技場で2-0の勝利を収めていたなかで、超異例の再来日で今度はG大阪と対戦することになった。

これはイマノル監督にとって望んでいたことではないようだ。「ムンド・デポルティーボ」紙は「レアルは日本に、そしてほかの『ボール』は停止」と見出しを打って27日に予定されていたトゥールーズ戦の中止が余儀なくされると報じた。イマノル監督はトレーニングや休養、治療ができない移動に2日を要することを好ましく思っておらず、プレシーズン中の遠征に必要性を感じていなかったという。

再来日はメインスポンサーの「ヤスダグループ」との「約束」だったようで、「イマノルはこのツアーが中止にならないと確信していた。プレシーズンに影響が出ると思っていなかったが、ついに影響が出た」と同紙は指摘した。

1

昨年行われたプレシーズンのアメリカツアーに対しても厳しい姿勢だったというイマノル監督。久保が再び日本でプレーする姿はファンにとって心待ちの瞬間であるが、過酷な日程となることは間違いなさそうだ。
スポンサーリンク