スポンサーリンク

212億円のカイセド 英国史上最大の移籍金にプレッシャー感じていたことを認める

212億円のカイセド 英国史上最大の移籍金にプレッシャー感じていたことを認める
1

チェルシーに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセドが移籍した際に、ブライトンに払われた「英国史上最高額」1億1500万ポンド(212億円)の移籍金のプレッシャーに苦しんでいたことを、チェルシーの公式メディアに明かした。

今季のカイセドは、チェルシーで公式戦34試合に出場し、レギュラーとしてプレイしている。しかし、プレミアリーグの全日程の約3分の2を消化した段階でチェルシーは11位とボトムハーフに沈み、カイセドは高額な移籍金に見合ったインパクトをチームに与えたとは言いづらい状況だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0bb81288bafd5d27acd0fdb87bb0cfe7bdd207

続きを読む

スポンサーリンク