「ミナミノ獲得を逃したのは痛手」南野拓実の争奪戦に敗れたリーズの地元メディアが見解!「クラブがためらった」要因とは?

スポンサーリンク
サッカー
「ミナミノ獲得を逃したのは痛手」南野拓実の争奪戦に敗れたリーズの地元メディアが見解!「クラブがためらった」要因とは?
1

南野拓実の争奪戦は、モナコが制したと報じられている。

リバプールで出場機会に恵まれず、去就が取り沙汰されていた日本代表アタッカーの移籍先候補として以前から騒がれていたのが、冬のマーケットでも関心が噂されたリーズだ。

シーズン途中に解任されたマルセロ・ビエルサの後を継ぎ、リーズをプレミアリーグ残留に導いたジェシー・マーシュ監督は、レッドブル・ザルツブルクで南野を指導した経験を持つ指揮官だ。だからこそ、リーズが南野争奪戦で優位に立つとの見方もあった。

しかし前述のように、南野の新天地はモナコに決まったと報じられている。移籍金は1500万ユーロ(約21億0000万円)に300万ユーロ(約4億2000万円)のボーナスがつくと言われている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6648ec871fe49bcc9361aa8bcfa36ae354643d9f

続きを読む

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました