金崎夢生が語った“古巣”名古屋移籍の理由。初練習で見えた8年前との違い

スポンサーリンク
サッカー
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/04(土) 15:36:30.51
本人の意思と名古屋の思惑が一致

想像以上に違和感がなかった。4月3日、練習に初合流し、赤と黒を基調とした名古屋の練習着を身に纏った金崎夢生がクラブハウスから出てきた時、以前から在籍していた選手のような落ち着きと自然な雰囲気に、ある意味で拍子抜けした。

集まった報道陣はこぞって彼の姿を追い、それは自分も同じだったが、“名古屋の金崎”は字面同様に思った以上にしっくりと来るものがあった。

3月25日、鳥栖からの期限付き移籍(2021年1月31日まで)で古巣の名古屋へ8年ぶりの復帰が発表された。この移籍は本人の意思と名古屋の思惑の一致によって一気に決まったという。

「自分としても優勝を狙っているチームでプレーしたいという気持ちがあって、その中でグランパスさんが監督を含めすごく興味を持ってくれた」
 
指揮官からの直接の口説き文句はなかったが、思い入れもある名古屋というチームからのオファーには、やはり心動かされるものがあったようだ。

名古屋時代の金崎と言えば、若さを前面に押し出したようなゴリゴリのサイドアタッカーで、それが特にJ1制覇を成し遂げた2010年のチームの特徴には完全にフィットしていた。その後、負傷がちになり海外への道を選んだことで、FWとしての才能が開花。日本に帰国した後の鹿島でも鳥栖でも、彼は献身性と決定力が武器のストライカーとして評価を高め続けてきたところがある。鳥栖でともにプレーした経験のある吉田豊も、「“闘う”という監督が求めているところを持っている。そして決めてほしいところで決めてくれる、男気のあるプレーができる選手」と金崎を評した。

金崎自身もそれは自負するところだ。今の自分が何を見せられる選手なのか、と問えば、まずはチームファーストの精神が口をついて出る。

「攻撃の部分が多くを占めると思いますが、あくまでチームが第一優先。チームにとって何が必要で、自分が何ができるかを考えながら、それが得点であったりいろいろな部分であったりもする。今日、初めて練習しましたけど、選手たちと顔を合わせて、話しながら、チームにとって何が必要で、それに対して自分は何ができるかをすり合わせて勝利に少しでも貢献できればいい」

紅白戦でもまずまずのプレーを披露
フィッカデンティ監督のスタイルは鳥栖時代に既に習得済みで、その擦り合わせも初日から精力的に行なっていた。ピースをはめてみて改めて思えたのは、金崎と現在の名古屋との親和性の高さだ。前述した特徴は常にフィッカデンティ監督が1トップを始め前線の選手に求めてきたもので、フォアチェックができ、ポストプレーも巧みで、周囲を使える金崎は驚くほどに順応が速そうだ。
 
早速、行なわれた紅白戦では序盤こそ味方との息が合わない場面もあったが、彼のポジショニングと狙い、ボールを預けた時の信頼性はすぐさま理解されたようで、時間の経過とともにボールが出てくるようになった。

4-2-3-1を基本システムとする今季の名古屋は、新加入でトップ下を担う阿部浩之の存在感が大きかった。だが、その阿部と組んだ金崎はポジショニングが被ってしまうこともなく、スムーズに動き、ボールを自分の前後に引き出し続けた。

まだ呼吸を合わせるべき部分、意図を理解しあわなければいけない箇所は多いが、適応のスピードはかなり早いと言っていい。いまだリハビリ中のジョー、そのジョーに代わって1トップの適任とされてきた山﨑凌吾にとっても良い刺激になりそうだ。
 
2010年から在籍した3年間で通い慣れた道に懐かしさを感じたという金崎は、自身も中心選手として勝ち取った2010年の栄冠の再現を狙っている。「あの喜びを知っているからこそ、もう一度“あれ”を実現したいという想いも強い」。それは鳥栖からの移籍を決断した気持ちに重なるものだ。

もう戻ってくることは考えていなかったという古巣への帰還に想いは止まらない。「こういう形でもう一度このユニフォームを着て、この場所で、このピッチで、プレーできることは改めて……幸せを感じます」。感謝の気持ちは献身性に加速をかける。8年ぶりに戻ってきた名古屋の金崎に、周囲の期待感は想像以上に大きくなってきている。
2020-04-04_16h59_49
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00071424-sdigestw-socc&p=2
4/4(土) 15:00配信


続きを読む

Source: 海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました